古い和服を処分すると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが良い値段がつき、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、ときには引き取ってもらえないこともあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。

確定申告は必要なのか、気になるところです。

基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ譲渡しても課税されませんが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、簡単に割り切れない問題です。

不安を取り除くためには確定申告の必要があるかどうかを知るために、最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。

着ることがなくなった着物は思い切って、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

たとえば紬などは流行に左右されず、大柄の黄八丈のような着物でも、産地・種類を問わず買取してくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬のほかには、訪問着や趣味的な汕頭着物なども買取対象です。

また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。

着物買取業者というのをご存知でしょうか。

最近、苦情も多くなっているので、これから利用する人は気をつけましょう。

私が最近聞いた例では、買取前の出張見積りを依頼したところ、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もありました。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。

きちんとした古物取扱商であれば、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

数ある着物買取業者の中でも、テレビCMでもおなじみの「スピード買取.jp」は、実際に利用した人の満足度が高いことで知られています。

相談はフリーダイヤルで料金がかかりませんし、365日?24時間、オペレーターが待機していますから、暇を見ていつでも相談できるんです。

(スマホや携帯でもかけられます)「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、顧客満足度が高いというのもナルホドと思いました。

初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調しました。

はじめはレンタルを考えていましたが、周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。

ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。

周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので保管もそれなりに大変なのは承知しています。

桐箪笥で保管したいとは思うのですが、横長のタンスを置く場所はありません。

これから七五三で着れば十分でしょう。

その後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。

自分で仕立てた着物だけでなく、譲られたものなど結構あって着物を買い取ってもらえないかなと思う方もあちこちで見受けられます。

着物の中でも、需要が多くて売れやすいのは何かと素朴に考えるところですが、一番高値で売れやすいのは訪問着です。

訪問着は流行に左右されにくく、長い年月にわたって着ることができ、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。

手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、査定は無料の業者が多いですよ。

着る人がいない着物を、もし高値買い取りしてもらえるならすごく得をした気分ですよね。

保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りのケースも珍しくありません。

そして流行の柄、上質の素材、仕立てが良いなど付加価値があると思いがけない高値で売れることもあります。

そして、着物でなく反物のままでも着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。

反物も着物と同様に考え買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。

着物買取に査定してもらうときは、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。

普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。

葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。

それを理解した上で、買取を希望するなら、あまり多くはありませんが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、まずはそこに確認してみると良いでしょう。

母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、我が家にはたくさん残っていました。

出してみると保管状態が悪いものもありましたが、それなりの値段がついたので良かったです。

最近の着物買取というのは、昔なら断っていたようなシミでも、業者が染み抜きの手配をするため、問題視しないで買い取るそうです。

とはいえ、査定額はそれなりです。

でも自分でシミ抜きする手間を考えたら気楽ですね。

Author