今流行りのホワイトニングですが、時間をかけてもあまり白くならない場合や、部位によって色が違ってしまうこともあります。

生活習慣や体調など、要因もまた色々です。

この場合、長い時間をかけてでも、ホワイトニングを反復して行っていくことで、ちゃんと効果は出ます。

これだけに限った話ではないですが、歯を綺麗にするのに必要な時間にも人によって差が出るということです。

歯科矯正の思わぬメリットとして報告されることが多いのは、歯並びの矯正をすると、肩こりも治ったという話です。

歯を支えるアゴの骨は、頭蓋骨と繋がっています。

歯並びによる影響が肩にまで波及し、歯並びの悪さが肩こりにまで繋がることがあるのですね。

体を動かしているのに肩がこるという人で、歯並びの悪さに心当たりがあるなら、矯正歯科の看板を掲げたクリニックに行って相談してみてもいいでしょう。

歯を綺麗にするホワイトニング。

その種類としては、歯科医院でのみホワイトニングの施術を行うオフィスホワイトニングと、自分の歯の形に合わせたマウスピースを作ってもらい、実際の処置は自宅で自分で行っていく、ホームホワイトニングがあります。

より確実な美容効果を狙う場合には、双方の長所を併せ持つ中間的な手法(デュアルホワイトニング)により、デメリットを補い合うことも可能です。

技量に優れた専門医のもとでなら、ホワイトニングと並行して歯科矯正を受けることもできるので、担当の先生に聞いてみましょう。

最近は歯科でホワイトニングや歯列矯正を受ける方も増えてきました。

しかし、その施術のために通院する頻度や日数は、患者さん一人一人の状況や、歯科の方針によって差が大きいので、受診してみないとわかりません。

歯や歯茎の状態、つまり虫歯や歯周病の有無などでもどのようにホワイトニングや歯列矯正を進めていくかが変わりますから、最初に行った時に聞いておくべきでしょう。

この点については、虫歯や歯周病の治療は普通の歯科にかかり、歯科矯正やホワイトニングは、それ専門のクリニックで受けるなどの手段も合わせて検討するべきでしょう。

歯並びの矯正中は強制的に歯を動かしているため、痛みや違和感から食べ物が食べにくいため、痩せたという話もあります。

ですが、無事に治療が終わって器具が外れると、太ってしまったという人もいるようです。

歯科矯正中のストレスから大食いになってしまうようですね。

長期間の矯正治療の結果、整った歯並びになったとしても、だらしない体型になってしまっては勿体無いですから、治療中や治療後の体型維持にも力を入れることをお勧めします。

歯列の矯正をするなら大人より子供の方が向いていますが、とはいえ、幼い内の方が矯正しやすいから、などとそそのかされて、うかつに矯正を始める場合があります。

しかし、これには危険もあります。

虫歯などの治療で行った歯科医院で勧められることも多いですが、成長期の途上にある子供の場合、必ずしも矯正が必要というわけではありません。

矯正を強く勧められたときは、その根拠をまずは聞いてみることは必須といえるでしょう。

日本国外で歯科矯正の治療を受けると、費用は安くなるでしょうか。

実は、それほど変わらないか、むしろ日本より高くつくことが多いです。

医療の進んだ国といえばアメリカですが、かの国では保険が適用されない場合が多いのです。

歯並びの矯正は、時間と根気が要る治療です。

頻繁に通院して、器具を調整したり、様子を見てもらう必要があります。

既に外国に定住していて言語の問題もないという方以外は、国内で不安なく治療を受けられるのが一番良いかと思われます。

歯並びの治療と言えば歯科矯正ですよね。

でも、いくつかの注意点もありますので、ぜひご一読ください。

これまでに固定されていた歯並びを無理やり動かそうとしているわけですので、歯や歯茎に強いストレスを与えている状態になるわけです。

口元を整えるために歯の痛みを我慢してでもやり遂げるなど、勝手に思い込まないようにしてください。

今話題のホワイトニング。

その施術を受ければ、歯を真っ白にすることも夢ではありません。

とはいえ、ホワイトニングの効果は永続するものではありません。

そんなにすぐに汚れてしまうことはないですが、歯のホワイトニングというのは黄ばみの原因がなくなるわけではないですから、ホームホワイトニングなら1年から2年で効果が薄れてしまいます。

歯を綺麗にするなら歯科矯正という手もありますが、こちらの場合は、矯正の終了後、また悪化してしまうというケースはほぼ無いと言っていいでしょう。

歯並びを綺麗に整える歯列矯正。

器具を装着してから、無事に矯正が終わって器具を取り外すまでには、年齢や体調など様々な要素で変わりますが、大体、1年半から3年は掛かるものと思っておくといいでしょう。

勿論これは個人差がありますから、もっと早く終わる人もいれば、さらに長期に及ぶ場合もあるといえます。

いずれにせよ、歯並びを気にしている方は、思い立ったらすぐに歯医者さんに相談するといいでしょう。

Author