3月は車を高値で取り引きできる可能性が高まる

9月や3月の会社の決算時期や一般人にボーナスが入る季節というのは、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

中古車市場で車を買いたい人が多くなる時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

高く売れるタイミングがあったとしても、自動車を売却しようと思ったときが決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、それらの時期が来るまで待つのが得策ではないのです。

売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

相場上昇によって恩恵を被るよりも、車の価値そのものが下落することの方が大きくなる可能性も秘めているからです。

自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

きちんと掃除してから売った方が良い理由には2種類あります。

1つめは車の扱いが丁寧なオーナーであると業者にアピール出来る点です。

二番目としては、車内にこもっている嫌な臭いを少なくすることが出来るからです。

車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せたことがある人は、この辺は程度にもよって違いますが大幅に査定金額が下がっても致し方ないと言えます。

車の内部に汚れがこびりついていると嫌な臭いを発してしまうので、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることでなるべく臭いのない車にすることが可能なのです。

自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも買取業者に売却することは可能です。

要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されているときだけですから、実際には難しいかもしれません。

所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、ローンを返し終わるまでは車の所有権は本人にはありません。

ですから、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

ただ、ローン会社の許可さえあれば、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。

乗り換えで新しい車を買う際に、これまで乗っていた車に値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。

購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると時間も労力もかなり減らすことができます。

そのかわり、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、ディーラー価格は業者価格より安くなってしまうという事実があることは忘れてはいけません。

下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、やはり買取業者に勝るものはありません。

車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を準備しなければいけません。

これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところは異なってきます。

売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

改造車は売ることができないと思っている人は多いかも知れません。

しかし、改造車でも売ることは可能です。

そうは言っても、一般的な中古車買取店では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、査定が高く評価されないことを前もって知っておくとベターです。

改造車を売ろうと考えているならばきちんと知識があって、改造車販売の道も持っている改造車専門店で売却する方がメリットが多いでしょう。

状態によりけりですが、改造車でも査定額アップが望めるケースもあります。

当然かもしれませんが、自動車を欲しがる人が多数いる季節の方が、売る方からみても自動車を高く売るチャンスですね。

需要の高まりと同時に供給も多くなければいけませんから、待ったなしで自動車の買取金額も上がるのです。

俗に決算月と呼ばれる3月と9月は中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

9月は、さらに夏のボーナスが出て間もない時期であることから車の売れ行きは良くなるので売却に適した時期と言えますね。

愛車を売却使用と考えているときに査定前に洗車しておくことは、ダイレクトに影響を与えるわけではないのですが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、査定額はそうそう変化するものではないのです。

査定額に直接影響はなくても、丁寧に車を扱う人だと言うことを印象づけるポイントになり得るのです。

扱いが粗雑なオーナーよりも買取会社は信頼感がアップするでしょうから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

さらに、定番カラーであるシルバーは車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。

これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。

査定の際に流行のボディカラーであったとしても、買取から売却の間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。

一律と言うわけではないのですが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。

一個人が持っている車であり、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

使用目的がレジャー等でも使うということになると、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

個人が仕事でも使っているような場合には、別に決まりがあるので、不明な点は確定申告の際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

参考:商用車買取におすすめの車買取業者ランキング【2021年】
URL:https://www.ammkes.com/commercialvehicle/